御手富貴詳細

今回の「てぬぐいまつり」、開催期間は未定です。せっかちな店主の気分次第で…なくなり次第終了。ほとんどの柄が1点限りなので狙ったものがある人はお早めにどうぞ。





以下、こけしが個人的に好きなものをご紹介しておきます。

DSC07813.jpg
一度広げたらもう2度と同じに畳む自信がない、半被てぬぐい。通天閣展望記念。吉原つなぎと市松格子がイッソ粋です。





DSC07819.jpg
とんでもなく手が込んでいるてぬぐい。

DSC07815.jpg
完全にてぬぐいの域を超えている。

DSC07817.jpg
上下を半分にして染め分けたものを蛇腹に折りたたむと、本のようになるのです。まるで絵草子をめくるように。

DSC07818.jpg
これだけ綺麗なもので手を拭うのは余程の覚悟が必要。






DSC07821.jpg
この2枚は本当に糸綴じがしてあるのです。

DSC07822.jpg
六甲登山節と洞爺湖サミット小唄。





DSC07829.jpg
お土産の定番。方言手拭。

DSC07830.jpg
番付スタイルで、大阪編。

DSC07831.jpg
無駄骨のことを「あほのさいく」って云うんですか?ほんとに?


DSC07832_20100529162009.jpg
おなじく方言手拭。大分編。ぶんごことば、です。

DSC07833_20100529162010.jpg
来てみてくれ、は「キチミチクリー」。たしかに云いますけれども文字にすると変ですな。


DSC07838.jpg
同じく長崎編。福岡も似たようなもんですが、「かたぐるま」を「ずっきゃんきゃん」とは言わないね。以前に南部九州の出身者の知人が肩車のことを「ズッコンバッコン」と言ったのに驚いた記憶がある。似た部分はあるかも。

DSC07840.jpg
現在では広く知られる「さるく」もある。

DSC07839.jpg
バンコ発見。やっぱりポルトガル語のbancoからきているだけあって、長崎の方言として定着。




DSC07824.jpg
そして観光地ものとしては質、量ともに日本一豊富かと思われる、京都シリーズ。

DSC07825.jpg
京都嵯峨の大覚寺の大沢池。





DSC07926.jpg
荘厳さに比例したように糊も一番パリパリに効いている。

DSC07927.jpg
薬師寺東塔。国宝ですから。



DSC07925.jpg
同じく薬師寺東塔の飛天、水煙天人。軽やかな感じがすてき。





DSC07932.jpg
古いものほど斬新ですね。龍安寺の石庭。有名な版画家、中川伊作画。





DSC07855.jpg
そして京都の一番のウリはやはり舞妓ちゃん。小林かいちを彷彿とさせます。

DSC07915.jpg
舞妓ちゃんその二。




DSC07853.jpg
そして忘れてはいけない大原女(おはらめ)ちゃん。大原の里から黒木や木工品などを頭に乗せて京都の町へ売りに来る女の子です。

DSC07914.jpg
大原女ちゃん、その二。

DSC07937.jpg
昔から女性はタフで働き者。





DSC07848.jpg
大文字山。何とも風情ある手拭です。




そのほか地方色満載のもの。

DSC07844.jpg
念願の当選祝いの配りものか。国会議事堂。





DSC07852.jpg
東洋一の西海橋。東洋一の…って最近あまり言わないね。

DSC07929.jpg
こっちも渦、巻いてます。鳴門、観潮記念。





DSC07849.jpg
向うの沖に黒船が見えるからには、駕籠でゆくのは…

DSC07850.jpg
「唐人お吉」、小唄にもあります。






DSC07878.jpg
なんだか大人っぽい雰囲気。

DSC07879.jpg
熱海温泉。






DSC07917.jpg
別府に名産の絞りがあるなんて知らなかった。

DSC07918.jpg
両端に絞り。洒落てます。




DSC07919.jpg
太宰府の梅もこんなに可愛らしい手拭になっているなんて、身近な素晴らしいデザインを見落としていることに気づく。





DSC07921.jpg
討ち入りてぬぐい。





DSC07934.jpg
江の島みやげ。

DSC07935.jpg
江の島夜曲付。やっぱり大人になったら○○小唄とか××節とかちょっとしたご当地ソングが唄えないとね。

ちなみにこの江の島てぬぐいは、木綿布でなく麻布です。幅も狭め。昨今のてぬぐいは全国的に均質な木綿布を使っていますが、昔はガーゼのような目の粗い木綿布や、麻布、そのほか個性的な布に染められていたので幅も長さもまちまちです。そして古いてぬぐいにつきものなのが、茶色っぽいシミ、変色。これは布についた糊の経年変化でおきたものがほとんどですが、洗濯を繰り返すとだんだんと薄くなってくるものも多いです。デッドストックならではなのでご容赦を。



てぬぐい紹介のつづきはのちほど…



関連記事