香蘭社今昔

幕末を経て明治維新の動乱期に藩の保護がなくなり職にあぶれた有田一帯の陶工たちの受け皿ともなったといわれるのが香蘭社です。腕の立つ職人さんが多くいたためか明治以降の大衆向けの量産食器でもかなり質のよいものがたくさんあります。


DSC07255.jpg
万年青(おもと)シリーズ。現在でもつかわれている意匠です。万年青は、「万年も家が栄える」という意味で縁起が良いとされます。現行品のものと比べても明らかに絵も色合いも良いです。深みがあります。


DSC07362.jpg
同シリーズの銘銘皿、小鉢があります。お揃いでどうぞ。脱線しますが、中学生の時「おもと先生」と言う方がいた。いつも同じネクタイで、なぜか写実的な柿の絵のネクタイだった。今思い出した!





DSC07235.jpg
随分と大胆な構図の銘銘皿。水面に浮かぶ小舟。今現在こうしたのびやかな構図の食器はありませんね。つまらなくなっていると思います。





DSC07241.jpg
これは昭和のものですが、初期伊万里に多い柘榴(ザクロ)の意匠を写したものです。石榴も粒が多いことから子孫繁栄を意味する吉祥のものです。

DSC07242.jpg
古典ですが何ともいえず品があって美しいです。

DSC07243_20100429014952.jpg
蘭の花のみのマークは幅広い年代で使われています。



DSC07379.jpg
洋食器も得意とする香蘭社。

DSC07380.jpg
香蘭チャイナです。チャイナはボーンチャイナのこと、つまり磁器のことです。興味がなければ made in チャイナだと思うかたもいるかもしれません。輸出用。






DSC07368.jpg
下って、現代もの。味も素っ気もあったものではありません。

DSC07369.jpg
現在のロゴ、蘭の花+香蘭社。





深川に続き現代ものになると気分が落ち込みます。今回は、香蘭社と深川製磁をおもだって集めてみましたがそれ以外のものでも良くできたものはたくさんあります。興味のある方は以下参照を。
DSC07209_20100429023056.jpg
牡丹が青と黄で描かれた向付椀。

DSC07211_20100429023056.jpg
丁寧な仕事。






DSC07223_20100429023518.jpg
小皿各種。

DSC07224_20100429023517.jpg
蓮(はす)も見通しのよい縁起ものですね。この蓮と隣の松の柄のものは明治ごろのものです。





DSC07236.jpg
へったくそな絵やな?と思わずに。今回ある商品の中では一番古い幕末頃のものです。

DSC07237.jpg
天然の呉須(ごす)の色がやわらかくきれいです。対して人造の呉須はベロ藍と呼ばれます。ちなみに江戸期に焼かれたものを古い伊万里という意味で「古伊万里」と称しますが、幕末は骨董の分類では江戸期には入れてもらえません。ですので幕末のものは、ただの「伊万里」。





DSC07355.jpg
下手でも可愛い、千鳥の深鉢。





DSC07358.jpg
アホな絵がカワイイ、飯茶碗。






DSC07359.jpg
ふぐ箸置き。

DSC07360.jpg
なすとひょうたん箸置き。

DSC07361.jpg
サギ?箸置き。おしりの丸まり具合がねこみたいで可愛い。





DSC07372.jpg
アザミの小皿。





DSC07375_20100429025134.jpg
笹の柄の蓋付飯茶碗。蓋付って云うのが意外にペットたちのご飯茶わんにも最適です。ホコリよけに。磁器だから漂泊もできるし熱湯でも洗えるしね。





DSC07393.jpg
伊万里の中でも鍋島藩が別個に持っていた窯で焼かれたものは「鍋島」と呼ばれます。鍋島様式としてその意匠や高台の特徴などで分類されますが、これは明治以降のものなので鍋島ではありますが、「若い鍋島」です。古典の水車の文様です。

DSC07394.jpg
ストライプのような模様が鍋島の「櫛高台」とよばれるものです。





DSC07392.jpg
これもよくある意匠の芙蓉。





DSC07222_20100429025610.jpg
これも鍋島風ですね。刺身皿と醤油皿セット。葉脈まで丁寧なつくり。





以上のような商品構成で第2回和食器まつり開催中です。期間中何度足を運んでくださってもお楽しみいただけますように、本日以降も随時追加で入荷する予定です。
関連記事