各種石油ストーブの芯の入手先について

この季節になると毎日のようにお問い合わせいただきますのが、古いストーブの芯について。たびたび記事の中で申し上げておりますが、当店では芯のみの販売は行っておりません。当店でお買い上げいただきましたストーブの芯交換の在庫として使用しておりますのでご理解いただければと存じます。確かにアラジンの16LPを除いては入手が困難な状況です。ですのでお問い合わせの多い4機種について下記にまとめておきますのでご参考くださいませ。






アラジン
15型については先にも書きましたが生産終了。代用芯を在庫として持っている人がネットオークションで販売しています。イギリス本国でも入手は困難な状況ですので、高いのを承知で歯を食いしばってネットオークションで買うしかありません。

そのほかのアラジンストーブは、大手家電量販店で現行のアラジンストーブを扱っているところなら新品の芯が手に入ります。品番は16LPです。福岡市天神のビックカメラでは2,100円です。日本AICやニッチから個人で取り寄せることもできますが送料を考えると量販店での購入が割安だと思います。ちなみにマイカ(のぞき窓)も取り寄せることができます。意外に高価ですが、これも送料を考えると量販店で買うほうがお得。当店で販売しているアラジンストーブに関しては傷みの激しいものは新品に交換したうえで販売しています。あと古い芯で16LTというディックが作っていた芯があります。これは16LPと互換性があるといわれていますが、おおいに使いづらい芯なので初心者の方には16LPをお勧めします。









ニッセン

以前は日本船燈から直接購入できましたが、現在はニッチという会社に販売を委託しているようです。株式会社ニッチのヤフーショッピングストアにてフリージアの替え芯(63号)が購入できます。
DSC03957.jpg
↑フリージア

gazou 12224
↑そしてこちらの大型タイプの替え芯は82号となりますが、これはストーブ自体が廃番なのでストア上に掲載されていません。こちらを購入したい場合はニッチに直接電話して送ってもらいましょう。とても感じのいい会社ですので安心してどうぞ。

gazou 12225
↑そしてこのガラスホヤタイプの場合ですがストーブが廃番ですので替え芯がありません。ニッセンにも純正の芯がありませんがフリージアの63号芯が転用できないこともありません。まわりくどい表現ですが、転用できますけどおすすめはしません。

ちなみにニッチではアラジンやトヨトミなど幅広く商品を扱っており、アラジンのパーツ各種も購入することができます。









パーフェクションとバーラー
そして問題のパーフェクションとバーラー。この2種の問い合わせが一番多いのです。こちらもともに純正の芯は製造販売がないので手に入りませんが、代替の汎用芯がネットオークションで手に入ります。ちなみにパーフェクションとバーラーは同じ芯をつかいます。アメリカのストーブですのでアメリカ国内では入手しやすいのかと思いますがこの芯自体は韓国製です。どなたか韓国語の堪能な方、製造元へ掛けあってみてはいかがでしょうか。







以上、主だった入手先を掲載してみましたが結局ネットオークションが便利なのかもしれませんね。自宅に居ながらにして手に入りますから。ただ芯交換は慣れない人にとっては大変な作業ですし、その工程を楽しむのでなければ、芯の取り寄せ、芯交換、メンテナンスまで一括でお任せできる石油機器管理技能士のいるお店でストーブを購入したほうがのちのち楽です。
関連記事