ニッセンとパーフェクションの話

まだまだ昼日中は暑いですが、ひきつづき石油ストーブの話。今日はニッセンパーフェクションです。




まずはニッセンから。てっきりお洋服の通販の会社と間違えてしまいますが、会社名は「日本船燈株式会社」です。略してニッセン。古いタイプの大型タンクのほうが人気ですが、現時点で店頭にあるのはIS-3フリージアです。

DSC03957.jpg
新品だとまばゆいばかりの金ぴかですが、使い込んでいくとだんだん落ち着いた色合いに変わってきます。

DSC03959.jpg
てっぺんは盛り上がっているのでヤカン等はのせられません。本格的に暖をとるには向かないお飾り的なストーブですが、見た目のユニークさと着火時の美しさが個性的な1台です。4.5常から6畳くらいのお部屋向きですが、昨今の機密性の高いマンションだとこれでも十分暖かいという指摘もあります。

DSC03958.jpg
着火時。おうちで船気分が味わえます。

DSC03993.jpg
現在店頭に底板ありとなしの2台あります。底板には着火時に芯を引っぱりだす棒が付いていますが、なくても指で引っぱれます。個人的には底板がないほうが移動時にスネを打ちつける心配がなくてよいと思っています。










そしてパーフェクション。ボディがガラスで炎の揺らめく様子を楽しめるのが特徴で女性に根強い人気です。

DSC03975.jpg
特徴に関しては過去のブログ記事を参照していただけますとよろしいかと思いますが

DSC03974.jpg
人気の理由はやはり見た目の格好良さ、木製家具と相性の良い茶色のボディと、ガラス越しの炎の揺らぎが天井にも映って非常に豊かな暖かい気分になれます。

DSC03971.jpg
個人的にはガラスにPERFECTIONと浮き出ているのが密かに洒落ているとおもいます。

DSC03976.jpg
現在店頭にあるのは頭がドーム型のタイプです。


DSC03970.jpg
タンクもピカピカでもちろん芯も新品に替えてます。パーフェクションは本体を手に入れても芯の入手に難儀する人も多いようです。当店へもたまにお問い合わせがありますが、芯の販売のみは行っておりませんのでご了承くださいませ。

関連記事