ニッセン分解

新入荷のストーブを分解清掃します。ストーブはニッセンの・・・クリームイエローの単色ストーブ。

gazou 8120
ちょっと途中からですが、アラジンなどと違ってニッセンはつくりが単純なので上から順にはずしていけば誰でも分解できると思います。

gazou 8134
このストーブ、情報が乏しくよくわからないのですが当店で扱うのは初めて。当店で主に扱っているツートンカラーのものよりかは新しいものだと思います。写真右下のほうにある白いボックス、自動点火装置があるので。でもこれって美観を損ねるし、ストーブはマッチで点火するほうが趣があってよろしいと思う。

gazou 8135
ニッセンの特徴であるガラスのホヤもカパッと外れます。洗うときに気をつけて。

gazou 8136
ご覧のとおり、ほんとに上から順にはずして

gazou 8137
また元に戻すだけ。



gazou 8140
一丁あがり・・・のはずですが。これはタンクの蓋が紛失しているので適合するものを見つけてくるまで待機。大きさはフリージアと同じくらいですが、色がレトロポップ!といった感じなので全く印象が違いますね。



gazou 8141
こちらも待機中のバーラーパーフェクションの替え芯たち。芯だけの販売はしておりません。
関連記事