14時開店のひ・み・つ

当店は14時開店です。


遅い・・・とお思いですか?


そのわけは、午前中は寝ているから・・・・ではありません。断じて違いますよ。ほとんどの方が、当店の開店時間を知って「いいですねぇー、ゆっくりで。」と仰いますが。


わが夫はとても早起きです。朝5時ごろには起きています。そのあとはお昼過ぎまで作業、もしくは仕入に向かいます。古物業界では、市場、競り(せり)と呼ばれる集まりにてオークション形式で商品を仕入れるのが一般的です。その市場に物を出品する職業もあるわけですが。その市場が行われるのが、朝とっても早い時間です。しかも、売って買って精算となるとお昼過ぎになります。だから世の古物屋はお昼過ぎから営業のところがほとんどです。古物業界ではごく一般的な開店時間といえます。


毎日市場があるわけではないので、それ以外の日は別の仕入をしたり、仕入れたものを修繕したりします。ストーブの分解清掃とか・・・ガラス類はきれいに洗って、傷んだ木製家具は修理します。塗装もします。たまに営業時間内に間に合わないほど忙しいときもありますのでその場合は、夫に代わって(役に立たないが)わたくし妻が店頭に立ちます。


先日も、おとなりのあまねや民藝品店の奥様に、「開店前に3組もおきゃくさんきてたわよー、もったいないからもっと早く開けられないのー?」といわれてしまいましたが・・・精一杯頑張っての14時開店です。
関連記事