家具類入荷のお知らせ

ちょっと珍しいもの入荷してます。
DSC01058.jpg
天板を折りたたんでいる状態だとただの開きの棚に見えるのですが、実はミシンです。

DSC01059.jpg
ミネソタ?見たことないメーカーです。

DSC01061.jpg
中にミシン本体をすっぽり入れ込むようになってます。

DSC01063.jpg
木彫りの装飾もかなり凝ったものです。こうした物を昭和の早い時期に購入して使っていた人がいるなんて、なんておしゃれな人なんだろうとおもうと感慨も深く。






DSC01045.jpg
一転、こちらはもう見なれた感のあるSINGERミシンの台で作ったミシンテーブル

DSC01049.jpg
左右の引き出し、真中に小物入れ。


DSC01048.jpg
あまり古いものに興味のない方は、この手のミシンを見たときに、ミシン本体のほうに価値があると思う方が多いようです。ミシンだけ外して台は捨ててしまったり。現状、ミシン本体だけだと100円でも需要がないのではないかと思います。




DSC00783.jpg
古い籐編みのテーブル。戦前のものです。

DSC00784.jpg
ナフコなどの現行品の籐編み家具を見慣れていると、とても同じものだとは思えないほどしっかりした作りです。本来籐は軽くて丈夫で日本の住宅事情にとても適合する素材なのだと思います。




DSC00795.jpg
大きな水屋。

DSC00796.jpg
モールガラスの引き戸を開けた時の鮮やかな空色がまぶしいです。

DSC00797.jpg
上段右は2段棚。ワイングラスも収納。

DSC00799.jpg
下段は複雑怪奇な引き戸+開き戸。


全体に、暮らしを快適に楽しもうという意気込みが感じられる創意工夫にあふれた、まさに昭和の暮しの手帖から抜け出してきたような水屋です。







DSC01050.jpg
ガラスドア。

DSC01051.jpg
真鍮ノブです。

DSC01052.jpg
かわいい?モールガラスも結構ですが、この石目ガラスもいいものです。

関連記事