ストーブ使い初め

一気に寒くなりましたね。今日急いで灯油を買いに行って、押入れにしまっておいた石油ストーブを出してみた・・・なんて方も多いことでしょう。どうでしょう。どきどきしませんか?なんとなく面倒で今年の春ごろにお手入れせずにビニールだけかぶせて押入れに突っ込み、なかったことにしていませんか?もし、使いっぱなしで収納してしまった人は、まずお掃除からはじめましょう。







まずは一番流通量が多いと思われるアラジンストーブの掃除。

説明書をお持ちでない方も、日本エー・アイ・シーのホームページhttp://www.aladdin-aic.com/を見ると掃除のしかたもちゃんと載ってます。しかも、週に一回以上の掃除を推奨しているところが他の石油ストーブと違って神経質なところです。構造上、内炎板と外炎板にほこり等が溜まりやすいのです。

毎日使っていると、部分的に、ぴょこっとオレンジの炎が出ているという状態になってきます。これはもう不可避ですが、ブラシでほこり、ごみを取り除いても改善しない場合があります。


そんな時どうするかというと

gazou 7806
これ。しんクリーナーまたの名をウイッグクリーナー。を使います。

この部品自体は日本エー・アイ・シーのHPでも量販店でも購入できるようですが、使い方がちょっと・・・文章で説明するのが難しい。要はへこみにあわせてクリクリと回転させると,アーラきれいにごみがとれっちゃった!!!となります。



ちなみに、上記のは現行品アラジンのクリーナーですが

gazou 7813
15型など古いタイプにはこの鉄製のものがあります。


とにかく、アラジンは掃除!そうじが大事!


きれいになったところで、灯油を入れましょう。できれば新しい灯油を使用してください。今年の春ごろに買ったものであれば使えないこともありませんが、多少の嫌なにおいは我慢しなければならないでしょう。2年以上前とかは駄目です。ちゃんと捨ててから新しいのを給油しましょう。そして給油してから一時間ほど置いて、芯を上げてください。灯油をしみこませるためです。もし、ハンドルを回しても堅い、出てこない、などというときは無理に回さないでください。錆がきていて、芯が固着している場合があります。無理に回すとギアが壊れて使えなくなりますので、分解清掃が出来るところに相談してください。
関連記事