おしゃれの季節

すっかり秋らしくなり、和服を着ていても心地よい季節となりました。今日はきものまわりあれこれの個人的な話をします。



まずは避けて通れないクリーニングの話。
骨董市などで古い着物を買うのが好きな人は、絶対に洗いますよね。安く買ったものなら絹でも思い切って自分で洗うのも選択肢の一つだと思いますが、しぼの大きな縮緬は100%縮みますから避けたほうが無難でしょう。綸子や紬の類は単はもちろん袷でも仕立てがよければ意外と洗えます。ただ、脱水は絶対に洗濯機で行わないことがコツですね。

そんな冒険したくない人は、クリーニング店の丸洗い、いわゆるドライクリーニングという方も多いでしょう。私の経験によると、袷の着物はほぼ袋が入ります。白洋舎の丸洗いは、仕立て直さないときられないほどに縮んだり袋が入ったりします。単衣の場合は、ほとんど大丈夫ですが、薬院のワカナクリーニングに出したときは、裾が波打って背中心の折り目がずれているというひどい状態出戻ってきました。しかもそのことについて電話で問い合わせても担当者がいないのでわからないとか、みなさんその状態でもクレームがついたことはないといった対応をされました。事後対応に問題があると思います。大きく「きもの洗います」などと看板を掲げているところでさえこのような状態ですから気をつけなければなりません。

安心なのは洗い張りや染めものをしているお店、染めの○○、などの店名のお店ですね。雑誌などでは悉皆屋さんなどと紹介されていますが、年配の方に聞くと九州では悉皆ということばはもともと浸透していないようです。料金が心配になるかもしれませんが、生洗いで7000円から9000円くらいです。白洋舎のドライクリーニングでも7000円ですから、さほど変わりませんね。ドライクリーニングでも安いところは2500円から洗ってくれますけど、袷の場合は安心料と思って染物屋さんにお願いしたほうが結局安上がりかもしれません。

先日薬院の、浅井染色研究所に袷の訪問着を出してみましたが、価格は丸洗い9000円と染み抜き10000円で税込み総額19950円でした。期間は1ヶ月ほどといわれていましたが、3週間で仕上がってきました。肝心の仕上がりは、シミが一箇所落ちていなかったけどプレスも(もちろん)美しく、袋も入っていませんでした。ただし受け渡しの時に落ちないシミがあったことを知らせてくれなかったことには不信感を抱きます。

わたしのまわりの諸先輩方に一番人気の杉本屋、こちらには全体に白っぽいカビの生えた濃紺地の付け下げをお願いしたことがあります。気になるお値段は8000円。こちらは文句のつけようがないほど美しく生まれ変わったようになりました。


と、店名まで明らかに記載しましたけれど、これらの店は私が実際に頼んでみた感想を率直に述べたものです。値段との折り合いやお店との相性もあるとおもいますけれど、いざ確実にきれいに仕上げたいというときにあわてないためにも日頃からいろいろとあたってみると良いと思います。









つぎは、履物の話。

個人的に関東(東京)の履物が好きです。着物もそうですが履物も好みが関東と関西ではかなり異なります。歩きやすいとして小判型のぼってりした台が最近は人気ですが、私は昔ながらのすっきりした細型の足がちょっとはみ出るくらいの華奢な台が好きです。


骨董市にも古い履物がいろいろ売ってますが、台は未使用で鼻緒だけが古臭くなっているものもありますね。中には畳表の下駄が500円くらいで手に入ることもあります。新品の畳表の履物はとても高価なので、鼻緒をすげかえればとても素敵なものになります。また下駄なども昔のもののほうが材質や塗り(本物の漆塗りの下駄も昔はありました)もよく未使用品も良く見つかるので掘り出し物探しにはもってこいです。

ただし、手持ちの履物の鼻緒だけを交換してくれるお店が少ないのが難点です。わたしが高校生のときには、中州の川端商店街の中にある履物屋でおじいさんに替えてもらった事があったので、行ってみたのですが、娘さんらしき女性に代替わりしてもうすでに和装の履物の問い扱いはやってないとのことでした。諸先輩方に聞くも、みな一様に昔はたくさんあったけどねぇ…とのお答え。福岡で、鼻緒のすげ替えができるのは現在博多座の裏手と箱崎の2軒のみのようです。難儀な世の中になりました…






きものまわりのあれこれ、みんなどうしてるの?という疑問はたくさんあるのですが、身近な人に聞いても欲しい情報が得られないことが多々あります。ご参考になれば幸いです。
関連記事