米国製LAMPETTEほか入荷

DSC05288.jpeg
1960年代の米国製デスクライト、LAMPETTE(ランペット)のModel E-6が入荷してます。

DSC05287.jpegDSC05290.jpegDSC05295 (1)
紙コップを二つ重ねたような面白い形状で、柄の長さは3段階に調整可能。Koch Creationsのデザインでニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションにも選ばれています。

DSC05115.jpegDSC05117.jpegDSC05118.jpeg
日ハムファンなら垂涎の珍品。昔の日本ハムファイターズのキャップが傘になったデスクライト。しかもスイッチは野球ボールデザイン。照明の明るさは細やかな3段階切り替え。日立製作所製。こういうのが作れるところが昭和の日本家電メーカーの良さだったのですよ。


DSC05023.jpegDSC05024.jpegDSC05025.jpeg
日本コロムビアのポータブルレコードプレーヤー、GP-3。これ、現在はアナバスGPーN3Rとして完全復刻版が発売されてます。レトロデザインはそのままにカートリッジはオーディオテクニカの最新式。むしろ復刻版をおすすめしたい。ちなみに、オリジナルのGP-3は壁にかけてレコード再生ができます。



DSC04988_20240101200751e84.jpeg
DSC04989.jpegDSC04999.jpeg
三菱電機のエレクトリックヒーター。家電には珍しいオリーブグリーン。スイッチを入れてすぐに暖かくなるのが電気ストーブの良さです。朝の着替えなど、ほんの短い時間しか使わないというシチュエーションには最適です。スイッチ横の凹みに水を張って使うことで乾燥も防げます。説明書付き。


DSC04997.jpegDSC04998.jpegDSC04996.jpeg
東京の会社、新晃ロンドル(現、新井製作所)の電気ストーブ。

DSC05002.jpegDSC05004.jpeg
説明書にある注意書きの猫の位置がありえなくて面白い。


DSC04981.jpegDSC04986.jpegDSC04985.jpeg
ヴィンテージな木製枠の額縁いろいろ。


DSC05119.jpegDSC05006.jpeg
同じ大きさの丸椅子7脚。


DSC05012.jpegDSC05011.jpegDSC05013.jpeg
木製の図書カード入れ。保険証などのカード入れにちょうど良いようです。


DSC05017.jpeg
仕切りの位置が変えられる、簡易本立て。


DSC05069.jpegDSC05070.jpegDSC05021.jpeg
オルゴール付きモンチッチ。お尻のネジを巻くと、くねくねしながらきらきら星の音楽が流れます。


DSC05124.jpeg
丸い風船ガムを入れるキティーちゃん。


DSC05026.jpegDSC05027.jpeg
木製の書見台。大小2種。


DSC05028.jpegDSC05033.jpeg
英国のHornsea(ホーンジー)社の製品を彷彿とさせる、国産の陶製ピッチャー。


DSC05035.jpegDSC05037.jpeg小ぶりなバスケット。内張の布がかわいい。


DSC05197.jpeg
クラシックな容貌の重量感ある双眼鏡。


DSC05038.jpeg
地味に人気のハクキンカイロ。意外と若い人から需要がある。


DSC05179.jpeg
ビクターSEAシステムステレオの灰皿。真ん中にニッパー犬付き。


DSC05047.jpegDSC05044.jpegDSC05041.jpegDSC05055.jpeg
石膏像各種。お好みでどうぞ。


DSC05060.jpegDSC05061.jpeg
小泉産業株式会社の電気鉛筆削り機。


DSC05142.jpeg
ミッキーマウスのゲームウォッチ。単純さこそが面白さ。


DSC05186.jpegDSC05187.jpeg
ペコちゃん&ポコちゃんの計量カップ。



DSC05258.jpeg
ニッカウイスキー、G&Gの黒瓶デザインのスチール製ダスト缶。


DSC05058.jpegDSC05059.jpeg
野外用の木製イーゼル。


DSC05067.jpeg
ブリキの筆洗い。本来の用途でなくなんかオシャレに使うんですよね?


DSC05130.jpeg
白磁の陶製パレット3種。


DSC05131.jpeg
ガラスのインク壺、2種。



DSC05073.jpegDSC05074.jpeg
LIONのペーパーカッター。A5サイズです。


DSC05054.jpeg
昔の大工道具入れ。大工さんて昔は皆鉛筆を耳にかけて、これを肩に担いでたように思います。


DSC05066.jpegDSC05065.jpeg
オムロンのアナログタイマ。タイマーでなくタイマ。オムロンのwebサイトにもそう書いてあるし。たまに、こういうのって売れるんですか?と店頭で聞かれることがありますが、売れなくても店に並べたいものって一定数あるんですよ。どなたか買ってください。


DSC05079.jpegDSC05081.jpeg
別府の野猿カード。箱デザインが抜群に良い。中身は硬派な猿カード。


DSC05109.jpegDSC05111.jpeg
5段の小引き出し。横幅30cm、高さ45cm、奥行き29cm。


DSC05108.jpeg
木製の簡易本立て。


DSC05098.jpegDSC05096.jpeg
無駄のないコーヒーテーブル。


DSC05157.jpegDSC05159.jpeg
引き出しふたつ付きの文机。横幅80cm、高さ35cm、奥行き45cm。


DSC05212.jpegDSC05213.jpeg
フリルのガラス電気シェード。縁が美味しそうな水色。


DSC05139.jpeg
メキシコの飾り皿。お土産でもらっても困るやつ。


DSC05219.jpegDSC05220.jpeg
銀色に輝く小判形黒文字入れ。


DSC05133_20240102150548d1b.jpeg
東洋ガラスのプリントコップ、クワイア。

DSC05162.jpegDSC05163.jpegDSC05164.jpeg
瑠璃釉に金彩が美しいLIMOGES CASTEL(リモージュ・キャッスル)の花器。藍と金は昭和の香蘭社と同じ組み合わせですが、金が厚い。しかも22金。


DSC05165.jpegDSC05167_20240102160213513.jpeg
ロイヤルコペンハーゲンのブルーフルーテッドハーフレースカップ&ソーサー。もちろんタイ製に変わる前の素地の良いもの。現行品はぼてっと厚くて100均の陶器みたいだと思うのは私だけでしょうか。


DSC05168.jpegDSC05169.jpegDSC05170.jpeg
ロイヤルドルトンのRHODES(ロードス)カップ&ソーサー。上品なシェル柄と発光するような輝きのボーンチャイナが美しいC&Sです。


DSC05172.jpegDSC05173.jpegDSC05171.jpegDSC05174.jpeg
南国ムード漂うエルメスのカップ&ソーサー。ちょっとした丼ほどの大きめサイズですが、薄手なので使いやすいです。


DSC05181.jpegDSC05182.jpeg
スペインを代表する陶器ブランド、LIADORO(リヤドロ)のリングベル。


DSC05216.jpegDSC05217.jpegDSC05215.jpegDSC05218.jpeg
ドイツの7大名窯のうちの一つ、フュルステンベルク窯のティーポット。270年余り前の1750年にデザインされたアルト・フュルステンベルク。潔い白磁にロココ調のレリーフが気高いデザイン。時代を超えた美しさがあります。


DSC05286 (1)
白蝶貝のスプーンとフォーク。


DSC05269.jpegDSC05268.jpegDSC05267.jpegDSC05266.jpeg
銀のヴィンテージスプーンもろもろ。台湾製のもあって面白いです。

DSC05270.jpegDSC05274.jpegDSC05276.jpeg
1950年代のノルウェー製モアイ型スプーンは秀逸。掲載したもの以外にも多数あり。スターリングシルバーのスプーンもちらほら。

商品の入荷は随時です。ブログ掲載時にはすでに販売済みのものも含まれます。どうぞご了承くださいませ。


関連記事