食器棚ほか入荷

DSC02336.jpeg
新春初売り。今年も物と人との良いご縁がありますように。上質な木製家具をはじめ、もろもろ入荷しています。
DSC02337.jpegDSC02339.jpegDSC02340.jpegいかにも日本製らしいと申しますか、大皿からカトラリーまであらゆるものを適切に収納するための、非常に多彩な構造を持った食器棚。ガラスにはダイヤとモールの2種が使われ、引き出しのつまみはくり抜きの木製です。上段と下段に別れますので、持ち運びも楽です。サイズは横幅106cm、高さ156cm、奥行き42cm。


DSC02315.jpegDSC02314.jpegDSC02313.jpegDSC02312.jpeg
飛騨産業のウインザーチェア。現在は作られていないオリジナルのマッキンレイチェアーだと思います。背面の2本のダブテイルが特徴的。風格のある椅子です。横幅45cm、高さ90cm。


DSC02316_202212311848443e5.jpegDSC02318.jpeg
ウインザーチェアととても相性の良いフロアスタンド。こぶの具合がシンクロしてます。直径27cm、高さ155cm。



DSC02326.jpegDSC02327.jpegDSC02331 (1)
戦前の革トランク。帽子などを入れる厚みのあるタイプです。上海や香港のホテルのステッカーが貼ってあります。横幅43cm、高さ28cm、奥行き36cm。猫なら4匹程度入ります。


DSC02332.jpegDSC02335.jpegDSC02334.jpeg
木製本棚。観音開きでガラスのつまみがついています。中心部分は、芝山細工みたく異なる木目を嵌め込んであるため、ギザギザのもみの木のような姿が浮かび上がるようになっています。そのほかイギリス家具調のレリーフなど随所に高度な技術が盛り込まれた家具です。横幅88cm、高さ122cm、奥行き31cm。


DSC02303.jpegDSC02304.jpeg
丸椅子3種。ひとつだけ黒々と艶のある素材。座面も真っ直ぐでなくて肉厚の椎茸のよう。高さは全て48cm。


DSC02341.jpegDSC02342.jpegDSC02344.jpeg
こちらはちょっと珍しい形状の丸椅子。座面はフラット、脚の角材も微妙に先細りデザイン、脚の開きの角度も狭くて随分とスタイリッシュな印象の丸椅子です。


DSC02251.jpegDSC02253.jpegDSC02254.jpegDSC02255.jpeg
鉄の塊、といった風情の日立製作所の扇風機。デザインは秀逸です。動きますけど、これくらい古い扇風機は使わない方がいいです。安全のため。飾っておくだけでも十分魅力的な扇風機です。


DSC02257.jpegDSC02258.jpeg
回転式の扇風機台もあります。これ、特許付きで扇風機・擴聲機兼用方向自由回轉台、という名称。


DSC02238.jpegDSC02241.jpegDSC02240.jpegDSC02244.jpeg
ソニーのトランジスタラジオ。MODEL-TR-72。つまみにはまだ、SONYの前身である東京通信工業の文字が。随所に手作り感漂うラジオ。


DSC02259.jpegDSC02260.jpegDSC02261.jpeg
アール・ヌーヴォーな雰囲気満点のインク壺。フランス製だと思われますが、蓮をモチーフにしてあるのでどことなくオリエンタルな雰囲気があり、日本の洋家具によく調和します。横幅33cm。しかし見れば見るほど、ファビュラス。


DSC02263.jpegDSC02264.jpeg
ジュエリーのようなブロックガラスの卓上スタンドライト。贅沢なガラスの大きさに加え、シェードの極端なねじりがなんとも優雅。高さ42cm。昔、ジュエルリングっていう指輪型のキャンディーがあったんですけど、グリーンの部分があれにそっくり。


DSC02268.jpegDSC02270.jpegDSC02271.jpegDSC02273.jpegDSC02274.jpeg
フランス製とおぼしき置き時計。文字盤にエッチングのような細工が施してあってとても美しいものです。高さ47cm。


DSC02294.jpegDSC02298.jpegDSC02299.jpegDSC02296.jpegDSC02295.jpeg
三光堂の卓上型蓄音機。昭和初期のイーグル1号だと思います。


DSC02265.jpegDSC02266.jpeg
オリエンタルな民芸風ミラー。横長の楕円形っていうのもおもしろいですけど、木枠の細工がエジプト展みたいでなんとも愛らしい鏡です。横幅47cm、高さ43cm、奥行き31cm。



DSC02319.jpegDSC02320.jpegDSC02321.jpeg
長野県の松本民芸の姿見。ありそうでない、とてもスリムな形状の鏡。コンパクトで持ち運びもしやすく、和室・洋室どちらにも合います。横幅30cm、高さ112cm。


DSC02234.jpeg木製の状差。


DSC02236.jpegDSC02237.jpeg
木製のマガジンラック。
横幅45cm。


DSC02249.jpegDSC02250.jpeg
九谷焼の灰皿。5cm程度の小さなものですが金彩も贅沢に使われ、とても洒落ています。5枚あり。


DSC02350.jpegDSC02353.jpeg
少し古い香蘭社の灰皿。藍の濃淡だけですが、とても美しいものです。


DSC02347.jpegDSC02349.jpeg
団扇型の鋳物の蚊やり。豚さんにくらべると随分と雅な印象。



関連記事