ダッコちゃん貯金箱ほか入荷

DSC01735.jpeg
耳や腕の辺りの、ビニール人形特有のバリ(ガザガザしたつなぎ目部分)の質感がとてもよく再現されています。腕にダッコちゃんをつけた時の感触が蘇ります。
DSC01737.jpeg
ダッコちゃんの陶製貯金箱。ほぼ実物大、結構大きいのでかなり貯まります。


DSC01888.jpegDSC01887.jpeg
オレンジの犬。特に動くわけではない木製玩具です。尻尾の先がうちの猫と一緒でボカン。


DSC01885.jpegDSC01884.jpeg
5cmほどの孔雀のガラス細工。
いかにも作るの大変そう。


DSC01788.jpeg
ガラス細工のスコッチテリア系親子3匹。


DSC01857.jpegDSC01858.jpegDSC01859.jpeg
佐々木クリスタルのガラスの動物園シリーズでは、リスをよく見かけるんですが、これは初見です。ダックスフント。下半身だけだとなんだかわからないものですが、半分にしないと重くて持てないほど重厚なダックスフントです。


DSC01890.jpegDSC01892.jpeg
東洋陶器のシュガーポット。尖ったデザインが素敵です。KOKURA WAREの刻印あり。


DSC01865.jpeg
フランス製luminarc(リュミナルク)のステムの長ーいワイングラス。50年ほど前の製品です。デッドストック。


DSC01867.jpeg
イボイボしたガラスのデキャンタ。


DSC01870.jpegDSC01871.jpeg
赤被せ切子のガラス灰皿と深鉢。


DSC01872.jpegDSC01873.jpeg
澄んだ青色のプレスガラスの深鉢。


DSC01876.jpeg
黄色と白のマーブル模様ガラス小鉢。


DSC01748_202211051705582a3.jpegDSC01750_202211051705557db.jpeg
木枠の和風なガラスシェード。直径28cmと大きめなので広い和室におすすめです。


DSC01752.jpegDSC01751.jpegDSC01753.jpeg
東京芝浦電気株式会社のころの東芝製電気ストーブ。電気ストーブなのに強そう。


DSC01756.jpegDSC01757.jpeg
1862年創業のパリのロジェ・ガレの石鹸。パッケージデザインがものすごくお洒落。


DSC01760.jpeg
応接セット。こっちに歩いてきそうな、足つきの灰皿とライター。デッドストックです。


DSC01761.jpegDSC01763.jpeg
ライターとシガレットケースのセット。


DSC01765.jpegDSC01767.jpegDSC01771.jpegDSC01770.jpeg
ライター各種。時代ですね。お店の名前、会社の名前に見入ってしまいます。


DSC01773.jpegDSC01774.jpeg
アール・ヌーヴォー調のスタンドミラー。


DSC01775.jpegDSC01777.jpegDSC01778.jpeg
ナショナルのトランジスターラジオ、MODEL-8。赤いラジオってなんて可愛いのでしょう。


DSC01779.jpegDSC01780.jpegDSC01782.jpegDSC01784.jpeg
ポケットラジオ3種。上から、ソニー、ソニー、東芝。イヤホンが苦手という方も案外たくさんいらっしゃるようで。根強い人気があります。


DSC01785.jpeg
洋風木端人形、といった風情です。表向きは船乗りだけど実は悪の組織の一員、みたいな顔をしています。


DSC01786.jpegDSC01787.jpeg
任天堂のトランプ。任天堂はもともと花札を作っていたところであり、日本初のトランプを作った会社でもあります。現在でもマリオ花札やスプラトゥーントランプを販売していますし、オリジナルトランプのオーダーにも応じてくれます。


DSC01790.jpeg
艶消しマットブラックな応接セット。


DSC01799.jpeg
蓋付き保存瓶、大小。


DSC01804.jpegDSC01805.jpeg
信号機色のガラス皿。赤だけ形状が異なります。

DSC01796.jpeg
最近よく出るアデリアのセロハンカラー脚付コップ。デッドストックです。


DSC01812.jpegDSC01810.jpeg
薄水色の面取りガラスコップですが、珍しく梅柄のカットが入っています。


DSC01814.jpegDSC01816.jpeg
ステンレスパーコレーター。アルミのものより堅牢です。


DSC01817.jpegDSC01819.jpegDSC01822.jpeg
トリスウイスキーのショットグラス3種。


DSC01823.jpegDSC01824.jpeg
アサヒビールのジョッキ。持ち手がグッとせりだしているのでとても握りやすいのです。キンキンに冷やしてどうぞ。


DSC01825.jpegDSC01826.jpeg
亀井ガラスのハンドプレスジョッキとプレート。ジョッキは小ぶりで持ち手は取ってつけたような面白い形状。デッドストックです。


DSC01829.jpegDSC01830.jpeg
仲本工事さんも逝ってしまい寂しくなりました。雑誌明星の付録。しかし加藤茶の美しさよ。惚れ惚れする。


DSC01837.jpegDSC01839.jpeg
リズム時計の携帯用目覚まし時計。


DSC01840.jpegDSC01841.jpeg
昭和33年のカメラ、コニカ3。


DSC01842.jpegDSC01843.jpegDSC01845.jpeg
がまぐち各種。印伝は男性でも使いやすいです。


DSC01846.jpegDSC01848.jpeg
資生堂の手鏡。


DSC01850.jpeg
資生堂の小物入れ。お馴染みの椿紋様でがまぐちですが、底マチがありハンドバックのように持ち手もついています。


DSC01852.jpeg
黒いシェードってちょっと珍しい。バナナっぽい感じの卓上ランプシェード。


DSC01893.jpegDSC01894.jpeg
少し小ぶりな青切子のコップ。野の花のような控えめな絵柄がなんとも奥ゆかしい。

DSC01898.jpegDSC01901.jpeg
手付き籠。山へきのこ狩りに行く時にも便利です。もちろん猫のベッドにも。


DSC01902.jpegDSC01903.jpeg
ガラスの筆置き。一輪挿しとして人気です。口径はバラバラ。


DSC01904.jpegDSC01906.jpeg
フレキシブルなクリップ式デスクライト。錆と鄙びた感じがお好きな方、どうぞ。この手の照明器具も最近はめっきり少なくなりました。





関連記事