木製食器棚ほか入荷

DSC09724.jpeg
ちょっとした飾り棚および本棚。昭和30年代の家具には目隠しに布のカーテンを張ってあるものが流行しました。
DSC09725.jpegDSC09726.jpeg
壺とランプの柄の布地が貼ってあります。劣化して破れているものがほとんどですが、これは比較的状態良く残っているのであえてそのままに。昭和の雰囲気が色濃く残ります。横幅60cm、高さ84cm、奥行き24cm。


DSC09721.jpegDSC09723.jpegDSC09722.jpeg
合板の作業台。引き出しが二つ、その下の扉を開けるとすのこ状の底板になっています。横幅75cm、高さ71cm、奥行き41cm。


DSC09712 (1)DSC09716.jpegDSC09715.jpeg
木製の2段積み食器棚。引き出しテーブル付き。細かなブロックのチェッカーガラスが入っているのでやんわり目隠し仕様です。横幅91cm、高さ172cm、奥行き42cm。


DSC09727.jpegDSC09728.jpegDSC09729.jpeg
コートハンガー&傘立て。引っ掛けは上下に2種、スチールとコッパーの2色使いで何気にお洒落。高さ177cm、直径37cm。


DSC09730.jpegDSC09731.jpeg
広島のマルニ木工のスタンド灰皿。灰皿だけど皿がないので植木鉢とかエアプランツでも置いてください。


DSC09753.jpeg
写り込みが多くてごめんなさい。四辺にカットの入った大きな鏡。横幅55cm、高さ132cm。


DSC09746.jpeg
昭和30年代の国際文化画報。時事問題に関する情報が多く、NATO加盟の式典の様子だとか、米露冷戦やロケット弾と誘導兵器の話題、岸信介首相の日程、前任の石橋湛山元総理大臣の臨終の様子(ご自宅なのか和室の布団で顔に白い布をかけた状態で横にはハンカチで目頭を押さえる夫人)など政治家のプライベートに突っ込んだ文春もたじろぐリアリズム報道誌。

そのほかのトピックは、福島市で日本一の大わらじ奉納、名古屋の東山動物園から脱走した象の浜子さん捕まる、など興味深い記事が満載です。


DSC09749.jpegDSC09750.jpeg
頭脳明晰なお子様用雑誌、科学ブック。虫、動物、乗り物など子供の好きなものが目白押し。雑誌類はいずれも1冊300円(税込)です。



関連記事