レイバンのサングラスほか入荷

DSC08970.jpeg
レイバンといえば怪しいリンクなんじゃないかと思ってしまいますが、ちゃんとしたメガネを作っているところです。1952年デザインのWAYFARER(ウェイファーラー)、世界で最も有名なサングラスのひとつともいわれる銘品です。
DSC08969.jpeg
ウェリントンのセルフレームで、珍しく表面がブラック、裏面がスカイブルー。角度によってチラチラと水色が見えるのが洒落ています。イタリア製。




DSC08958.jpeg
DSC08961.jpeg
こちらもレイバン。べっこう色のブロウ型セルフレーム。BAUSCH&LOMB RAY-BAN U.S.A とありますが、レイバンはコンタクトで有名なボシュロム社のアイウェアブランドです。古くから軍用サングラスなどを手がける間違いのないメーカーです。




DSC08923.jpeg
イギリス製の椅子。長崎のよりよりを思わせるツイストレッグのイスです。座面も古臭いオリジナル。再塗装もしてないシパシパした感じが現代風。バブルの頃にアンティークのイギリス家具が流行りましたが、そのときは座面もきれいに張り替えてきれいに再塗装されたものが人気でした。最近はそういう美しい仕上げのものはちょっと胸焼けするというか今の気分に合わないというかあまり人気がないですね。塗装をあえて剥がしたような木目の出たさっぱりした感じが好まれます。





DSC08941.jpegDSC08940.jpeg
これもイギリス製だと思いますが、インダストリアル系の琺瑯シェード。大きめの洗面器くらいあります。





DSC08942.jpegDSC08943.jpeg
スウェーデンの陶器メーカー、ロールストランドのケーキセット。カップ&ソーサーとケーキ皿です。日本の染付を思わせる深い青がとても美しく、器自体も薄くて軽くとても上質。マリアンヌ・ウェストマンが1952年にデザインしたMon Ami(モナミ)シリーズですが、全く古さを感じさせないデザインです。




DSC08949.jpeg
DSC08950.jpeg
DSC08951.jpeg
有田焼のカップ&ソーサーですが、筆致が極上。柿右衛門にも引けを取らないと思います。しかも器の形はマイセンのさざなみにそっくりという面白い器です。デッドストック。
関連記事