戦前の本箱入荷

CIMG1080.jpg
大き過ぎず小さ過ぎずの開き戸の本箱、入荷。戦前のものです。

CIMG1084.jpg
普通この手のタイプは扉の板ははがしてしまってガラスを入れるのですが、これはとても木目が美しいのであえてそのままに。

CIMG1082.jpg
引き手と下段の引き出しのツマミは共通してべっ甲風プラスチック製でモダーンな印象。これのおかげで全体が和風に転び過ぎず良いバランスです。

CIMG1081.jpg
中は棚板3枚の4段。下段は引き出しがふたつです。右側扉の内側に文字が書いてあるのは「記念贈呈」。こういった中ぶりの家具を記念に贈る、ということ自体が昨今では無くなりましたね。今では家具などいきなり貰うと迷惑がられることでしょう。達筆な文字で昭和18年の記載。時代ですねぇ…
関連記事