石油ストーブの選び方その2パーフェクション

アラジンの次にはアメリカのパーフェクションストーブを紹介します。
こちらもアラジンと同じく6畳?8畳くらいのお部屋向き。

先日もチラッと写真を載せましたが
gazou 7565
代表的なのがこのタイプです。天板がフラットなタイプなのでやかんも乗せられます。

そして今年初めて入荷した
gazou 7566
クリームイエローのハーベスト。こちらは天板がドーム型なので上に物は乗せられません。

さて、ここからはまた妻の主観ですが

パーフェクションストーブのメリット
1 点火時の美しさ。ガラスを通してオレンジの光がなんとも暖かそうです
2 灯油タンクが取り外し可能なので給油が大変に楽



対するデメリット
1 着火時に本体をガバーッと、開けなければならず重たい
2 正常炎の視認が大変難しい

3 芯の入手が困難

続きを読む

石油ストーブの選び方その1アラジン

当店で扱っている石油ストーブをピックアップして紹介していきたいと思います。
まずは、何はともあれアラジンブルーフレームから。
イギリスのストーブで6畳?8畳向け。

数年前からテレビや雑誌で紹介され一番人気があります。名前のとおり青い炎が美しいです。

gazou 7560
古いほうからまず、スタンダード15型後期と呼ばれるもの。以下スタンダードは
アラジンカラーともいえる、このグリーンのタイプを指します。

gazou 7562
次はスタンダード16型前期
よーく比べると細かなデザインの違いがあります。

gazou 7561
これも同じくスタンダード16型前期ですが、九州ではあまり見かけないガード付。
小さいお子さんや、室内犬がいる家庭向け。

gazou 7563
こちらはアイボリーカラーの37型デラックス。通常スタンダードはひとつ窓ですが
デラックスになると両側に窓がつきます。さすがデラックス。

gazou 7564
最後に39型アイボリーのデラックス。上と比べてもデザインが変わっているのがわかりますね。



細かい仕様などについては検索すればいくらでも見ることができると思いますので
ここから先はわたくし妻の主観で書きます。




アラジンストーブのメリットは、

1 他社ストーブに比べ着火しやすい
2 割と燃費がいい

3 上にやかん等が乗せられる(お湯を沸かすことができる)

対するデメリットは

1 芯周りの掃除がこまめに必要
2 火の調節が意外と難しい





次回はパーフェクション




秋の女体特集

gazou 7578
女性と鳩。若々しい女性ですね。

gazou 7577
角度を変えてみても美しいです。鉄製。

gazou 7575
先ほどより熟女と思しき女性。

gazou 7576
同ポーズ。こちらは栓抜きにも。

別ポーズが好きな方には
gazou 7579
額縁に収まってます。



極めつけの美人。はこちら・・・




gazou 7574
ザ、美尻。石膏です。前から見たい方は店頭にてどうぞ。

ストーブを使うと乾燥しますか?

めっきり、朝晩は涼しくなりましたね。
いよいよ出番です。石油ストーブ。

エアコンやファンヒーターはお肌の大敵乾燥どころか砂漠化を招きますが
石油ストーブはどうでしょう?

同じく乾燥する気がしますか?
乾燥を防ぐためにアラジンなんかの上にやかんをのせる人も多いのではないでしょうか?

答えは・・・否。

続きを読む

猫のマークの

gazou 7557
かわいい猫ちゃんですねー。ショッキングピンクのねこ。大きなお尻がたまりません。

これはいったい何の柄だと思います?

続きを読む